疲れる前に休む

こんにちは!まいです。


ブログを2ヶ月間休んでいて思ったことがあります。

それは、疲れる前に休むのがいかに大事かってこと…!です。

 

なんとなく、流れるだけの日々で習慣化されている毎日。疲れる前に休むのも習慣なのでは…?と思ったので、今回はこれについて、書いていこうと思います!

 

休むのがこわい

f:id:no0620620:20210608201640j:image

私は、学校に行かなかったにもかかわらず、いざ、何か(仕事や勉強など)を休もうとすると、こわくてなかなか一歩が踏み出せません。

 

頭の中は、休みたい気持ちでいっぱいなのに、「いやいや、今休んだら自分は怠けているのでは?」とか、家族から「また休んでるの?」と言われるのんじゃないか…とか考え始めると、休むことを先延ばしにしてしまいがちです。

 

それで、挙げ句の果てに体調を崩して、何もしない日が続いたり、仕事しててもはかどらなかったりと、ちゃんと休まなかったばっかりに負のループに陥ることがしばしばあります。

 

休みづらい環境

f:id:no0620620:20210618211423j:image

その原因は多分、小さい頃から、休んではいけないと教えられるし、周りも休んでないから、あなたも休まないでね。という環境で、一体いつ休めばいいのか、わからないからだと思うのです。

 

仕事や学校などで、ちょっと休もうものなら、白い目で見られたり、使えない人の烙印を勝手に押されてしまうでしょう。

この様子を周りが見てたら、不安に思ったり、自分がなったらどうしようとか思うようになってしまうのが関の山かと思います。

 

だから、ギリギリのギリギリまで頑張ってしまう人が多くなるし、休みを取らない人が増えていく一方なのかと私は考えています。

 

一見マイナス

f:id:no0620620:20210618211438j:image休むってことは一見マイナス見えるけど、長い目で見ると、実はプラスなことが多いように見えます。


自分もそうだったけど、休まずに動いていたら、いきなり途中で倒れてしまって、誰かに迷惑をかけてしまった…!なんてことも…(笑)。でも、自分のペースで休みを入れれば、誰かに迷惑をかけることも少なくなって、仕事もはかどって一石二鳥だと思いました。

 

疲れる前に休む

f:id:no0620620:20210618211502j:image

不登校になりかけの時も、家族にそんなに具合が悪そうには見えないとか、いろいろ言われたけれど、やっぱり、どの程度、頭が痛いとか気持ち悪いかっていうのは、本人にしかわからないことだと思うので、休息をとるタイミングは、人それぞれだと思います。(体調が悪くなる前に休むのがベストだと思うけれど)

 

ちゃんと結果をあげていれば、自分のペースで休むことに対して、とやかく言われる筋合いはないし、休んでいることを引け目に思うことも、減ってくると思ったので、私は今、疲れる前に休む習慣をつけているところです…!

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★