メンターの存在について

コロナ禍で先が見えなくなっている中、一般の人も芸能人の方も自殺者が増えているという記事をよく目にします。


その中でも、私が気になったのが、芸能人の方の自殺です。

芸能人の方は特に人に影響を与えやすい職業だと思うので、ニュースを見てショック!!!という方も少なくないのではないでしょうか??

私は、もし、誰か真剣にその人と向き合ってくれる人がついていれば、ほかの展開が望めたのかもしれないなぁと思います。

という訳で私の心の支え、メンターの存在について今回は書いてみようと思います。

 

『はじまり』

f:id:no0620620:20201016220037j:image

過去の私は超絶ネガティブで、不登校の初期の方は毎日が鬱々していて、自殺願望がありました。

その死にたいという気持ちにいち早く気がついてくれたのがメンターでした。

この時、メンターが心の支えになってくれていなければ、私はこの世に存在していなかったと思います。

そのあとも、自分の中での壁が出てきたときや、悩んだりしたときに一緒に考えてくれたのが、メンターでした。メンターと対話することによって、少しずつですが、自己肯定感が上がっていきました。

 

『変革』

f:id:no0620620:20201016220115j:image

そして、大人になるにつれて、自分のことを変えたいと思った私は、自己啓発の本を読み漁ったりして、1人でなんとか自分のことを変えようと奮闘していましたが、これが、まぁなかなか難しい…(笑)。自分1人だけで自分のことを変えようとすることの限界を感じていました…。


このことをメンターに聞いてみたところ、「ある程度のところまでは、自分で変えれることは可能だけど、ある一定のレベルに越えると自分の力だけでは難しくなってくるから、自分の鏡として対話してくれる人が必要だよ!」と言われました。

たしかに、改めて、自分の人生振り返ってみると要所、要所のところにはいつも必ずメンターが自分の鏡になってくれました。

中1か中2ぐらいの時から、メンターについてもらっていますが、この人の存在がなければ

自分の考え方を変えることは至難の業だったなぁと思います。

 

 

f:id:no0620620:20201016220250j:image

メンターのおかげで考え方が変わったので、メンターがついてくれて本当によかった…!と今は思ってるけど…実際は、自分が直視したくないことに直面させられたりして「…。」と思うこともあれば、逃げたい時もあります。でも、例え逃げたとしても、またメンターに引き戻されるから、大人しく対峙しようと思える、そんな存在です(笑)。


死の淵をウロウロしていた所から、人の役に立ちたい!と思うようになれたのは、メンターという影で支えてくれる存在がいてくれたからだと思っています。

自分にとっての絶妙なタイミングで直面させてくれて、あの時対峙したからこそ、楽しい今があるんだと自負しています。

 

 

f:id:no0620620:20201016220336j:image

自分が楽しい人生を歩いているように、他の方にも、楽しいと思う人生を歩いてほしい…

 

なので、自分のメンターを見つけることをオススメをします!

 

と言いたいところなのですが!!!

メンターとのフィーリング等の問題があると思うので、中々見つかる人ではないかもしれません。

自分で探しても見つからない…メンターをつけることに興味はあるけど、どういう人がつくのかわからないから不安…などなど、思う方もいらっしゃいますよね…。

そこで!!私(まい)についてるメンターを自分もつけてみたい!と思われた方は、気軽に私のTwitterのDMもしくは、メールアドレスにご連絡くださいね!(メンターについての質問も大歓迎です!)
(※状況によっては、お役に立てないことが場合があります。あらかじめご了承ください。
※ご質問やご相談以外は、ご遠慮ください)

 

皆さんがより良い人生を歩めますように…!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★