学校に行かなくてもなんとかなる

決論から言っちゃうと学校に行かなくてもなんとかなる。

というよりかはなんとかなってた(笑)。

f:id:no0620620:20200327210558j:image 

中学生のときは、学校に行くことが当たり前だと思ってたから、突然学校に行かなくなるのはタブーだと思い込んでいた。だから、自分から進んで行かない選択をしたわけじゃなかった。

 

それから時は流れて、高1の年に高認を受けるようになった。高校にも通信にも行きたくなかったから高認を選んだ。中学のときとは違って自分で選択した!と満足な気持ちでいた。

f:id:no0620620:20200327210255j:image
 

中学生の頃にした選択は、流れ着いた結果だと思ってた。高認は意図的に自分で決めたつもりでいたけど、無意識であれ、なんであれ、全て自分で決断してきたことだと気がついた。
(最近、やっとね!笑)

学校に行かなくてもいい方向にいっているから、自分はこれでよかったなぁと。

 

f:id:no0620620:20200327210011j:image

学校を離れて数年経つけど、今思うのは、学校に行かなくても、将来はなんとかなってた現実があったということ。
学校に行かないって言うと白い目で見られるから…と思っていた頃は、早く大人になればこんな風に感じなくて済むのにって考えてたけど、大人になるにつれて「学校に行ってません。」なんてわざわざ言う機会がないこと本当に知った。

 

 

読んで頂きありがとうございました★