時代が変わっても、変わらないもの【最終回】

今まで、読んでくださった皆様、本当に本当にありがとうございました!

ブログを書きたくないなぁと思う日があっても、頑張ってブログを続けてこれたのは、見てくださる方がいたからこそ出来たことだと思っています。

f:id:no0620620:20210929141010j:image

ブログを始めたときは、不登校で困っている子たちの何か役に立つことがしたい!と思い始めました。

当時はいま以上に、学校に行かないということ自体が偏見の目で見られることも多かったのですが、コロナになったということもあり、最近では、学校に行くこと自体が以前ほど、重要じゃなくなってきているなぁと感じます。(時代が変わったなぁとしみじみ思います。笑)

コロナになって、学校に行くこと自体が大事なのではなく、学び続けることが大事だなということを改めて考えさせられました。

混乱している時だからこそ、本質を見抜くことが求められるということも今、学ばされています。

形あるものは、壊れたり、崩れたりしてなくなってしまうけれど、時代がどんなに変わっても、本質だけは昔から変わらないなぁと思います。

不登校で困っている子たちの何か役に立ちたい!という想いから始まり、今は、もっと世の中の多くの人の役に立ちたい!という想いに変わっていきました。

ということで、最後に一言!!!
自分の昔からの夢である、世界中の方々に貢献できるようなエンターテイメントの会社を創り、成功させていきます!!

f:id:no0620620:20210929140730j:image

今まで読んでいただいて、本当にありがとうございました★

また、どこかでお会いできる日を楽しみにしております♪

ネクター・まい

 

〜おわり〜

 

自分らしくある

こんにちは!コネクターのまいです。

皆さんは、いつ何時でも、自分らしくありますか?

私は、いつ何時でも自分らしくありたいと思っています。

前は、いつ何時、どの状態にあっても、自分らしくあることができなかったのですが、最近、自分らしくあるとは、こういうことなのかもしれないと思ったので、書き残しておきたいと思いました。

 

自分らしく、いられない

f:id:no0620620:20210911192935j:image

私は、昔から、自分のこと感情を抑えることが多く、自分の意見をあんまり言わない子でした。
(今は少し変わったけど…!)

自分のことをどう表現したらいいのか、自分の考えていることなどをどう伝えたらいいのか、わからなかったし、苦手だったから、聞かれたら答えるということが多かったのです。

でも、それだと相手に言いたいことなども伝わらないし、自分の意見を言わないと、自分の思っていた方向とは、違う方向に物事がいってしまい、「あれ?なんか違う…?」と思うことも結構ありました。

 

自分らしく、ありたい

f:id:no0620620:20210911192947j:image

自分の意見を言わないで、我慢することに不便を感じていたからなのか、「どうしたら、人とうまく付き合いながら、自分らしくいられるのか…」と漠然と思っていました。

そして、このことに気づくようになったのは、メンターと話すようになってからです。

だから、それまでは、なんとなく、生きづらかった。(よくわかっていなかったけれど。)

でも、自分の意見を言わないで、我慢するのは自分が病気になりそうになるし、結果から見てもよくない。

なので、私はメンターと話しながらとか、誰かのいい伝え方(言い方)を真似してみたりして、相手が不快に思わない伝え方(言い方)を練習するようになりました。

時々、間違った伝え方(言い方)になってしまうときもありますが、前よりは、相手のことも考えながら、自分の意見も伝えられるようになってきていると思います。(笑)

 

自分らしくあるとは…?

f:id:no0620620:20210911192959j:image

自分らしくあるとは、自然体でいられることであり、柔軟に対応できる人のことだと、わたしは考えています。

これは、自分の考えなどをうまく伝えられて、なおかつ、人との付き合いが上手な人を見てて思ったことです。

この人たちは、自分の考えを持ちつつも、他人と調和ができて、だからといって、自分を抑えるわけでもなく、意見したいことは意見するし、言わなくてもいいことは言わないという、人に対しての配慮も忘れない人たちでした。(わたしから見た感じです。こういう人になっていきたいとつくづく思います。)

 

そして、自分らしくあるために

f:id:no0620620:20210911192831j:image

「自分が自分らしくある」というのは、試行錯誤しなくてはならないことだと、わたしは考えています。

なので、これからは、自分を取り戻す場所や時間があるということが、とても大事になってくるのかなと思っています。

私は、メンターについてもらうことによって、自分が自分を取り戻せる場所があり、そういうところがあることで、自分の心の支えとなっています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 

※9/30の次の記事で終わりになります。

 

 

自分らしくある

こんにちは!コネクターのまいです。

皆さんは、いつ何時でも、自分らしくありますか?

私は、いつ何時でも自分らしくありたいと思っています。

前は、いつ何時、どの状態にあっても、自分らしくあることができなかったのですが、最近、自分らしくあるとは、こういうことなのかもしれないと思ったので、書き残しておきたいと思いました。

 

自分らしく、いられない 

f:id:no0620620:20210911192607j:image

私は、昔から、自分のこと感情を抑えることが多く、自分の意見をあんまり言わない子でした。
(今は少し変わったけど…!)

自分のことをどう表現したらいいのか、自分の考えていることなどをどう伝えたらいいのか、わからなかったし、苦手だったから、聞かれたら答えるということが多かったのです。

でも、それだと相手に言いたいことなども伝わらないし、自分の意見を言わないと、自分の思っていた方向とは、違う方向に物事がいってしまい、「あれ?なんか違う…?」と思うことも結構ありました。

 

自分らしく、ありたい

f:id:no0620620:20210911192550j:image

自分の意見を言わないで、我慢することに不便を感じていたからなのか、「どうしたら、人とうまく付き合いながら、自分らしくいられるのか…」と漠然と思っていました。

そして、このことに気づくようになったのは、メンターと話すようになってからです。

だから、それまでは、なんとなく、生きづらかった。(よくわかっていなかったけれど。)

でも、自分の意見を言わないで、我慢するのは自分が病気になりそうになるし、結果から見てもよくない。

なので、私はメンターと話しながらとか、誰かのいい伝え方(言い方)を真似してみたりして、相手が不快に思わない伝え方(言い方)を練習するようになりました。

時々、間違った伝え方(言い方)になってしまうときもありますが、前よりは、相手のことも考えながら、自分の意見も伝えられるようになってきていると思います。(笑)

 

自分らしくあるとは…?

f:id:no0620620:20210911192535j:image

自分らしくあるとは、自然体でいられることであり、柔軟に対応できる人のことだと、わたしは考えています。

これは、自分の考えなどをうまく伝えられて、なおかつ、人との付き合いが上手な人を見てて思ったことです。

この人たちは、自分の考えを持ちつつも、他人と調和ができて、だからといって、自分を抑えるわけでもなく、意見したいことは意見するし、言わなくてもいいことは言わないという、人に対しての配慮も忘れない人たちでした。(わたしから見た感じです。こういう人になっていきたいとつくづく思います。)

 

そして、自分らしくあるために

f:id:no0620620:20210911192521j:image

「自分が自分らしくある」というのは、試行錯誤しなくてはならないことだと、わたしは考えています。

なので、これからは、自分を取り戻す場所や時間があるということが、とても大事になってくるのかなと思っています。

私は、メンターについてもらうことによって、自分が自分を取り戻せる場所があり、そういうところがあることで、自分の心の支えとなっています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 

自分らしくある

こんにちは!コネクターのまいです。

皆さんは、いつ何時でも、自分らしくありますか?

私は、いつ何時でも自分らしくありたいと思っています。

前は、いつ何時、どの状態にあっても、自分らしくあることができなかったのですが、最近、自分らしくあるとは、こういうことなのかもしれないと思ったので、書き残しておきたいと思いました。

 

自分らしく、いられない

f:id:no0620620:20210911193220j:image

私は、昔から、自分のこと感情を抑えることが多く、自分の意見をあんまり言わない子でした。
(今は少し変わったけど…!)

自分のことをどう表現したらいいのか、自分の考えていることなどをどう伝えたらいいのか、わからなかったし、苦手だったから、聞かれたら答えるということが多かったのです。

でも、それだと相手に言いたいことなども伝わらないし、自分の意見を言わないと、自分の思っていた方向とは、違う方向に物事がいってしまい、「あれ?なんか違う…?」と思うことも結構ありました。

 

自分らしく、ありたい

f:id:no0620620:20210911193204j:image

自分の意見を言わないで、我慢することに不便を感じていたからなのか、「どうしたら、人とうまく付き合いながら、自分らしくいられるのか…」と漠然と思っていました。

そして、このことに気づくようになったのは、メンターと話すようになってからです。

だから、それまでは、なんとなく、生きづらかった。(よくわかっていなかったけれど。)

でも、自分の意見を言わないで、我慢するのは自分が病気になりそうになるし、結果から見てもよくない。

なので、私はメンターと話しながらとか、誰かのいい伝え方(言い方)を真似してみたりして、相手が不快に思わない伝え方(言い方)を練習するようになりました。

時々、間違った伝え方(言い方)になってしまうときもありますが、前よりは、相手のことも考えながら、自分の意見も伝えられるようになってきていると思います。(笑)

 

自分らしくあるとは…?

f:id:no0620620:20210911193147j:image

自分らしくあるとは、自然体でいられることであり、柔軟に対応できる人のことだと、わたしは考えています。

これは、自分の考えなどをうまく伝えられて、なおかつ、人との付き合いが上手な人を見てて思ったことです。

この人たちは、自分の考えを持ちつつも、他人と調和ができて、だからといって、自分を抑えるわけでもなく、意見したいことは意見するし、言わなくてもいいことは言わないという、人に対しての配慮も忘れない人たちでした。(わたしから見た感じです。こういう人になっていきたいとつくづく思います。)

 

そして、自分らしくあるために

f:id:no0620620:20210911193123j:image

「自分が自分らしくある」というのは、試行錯誤しなくてはならないことだと、わたしは考えています。

なので、これからは、自分を取り戻す場所や時間があるということが、とても大事になってくるのかなと思っています。

私は、メンターについてもらうことによって、自分が自分を取り戻せる場所があり、そういうところがあることで、自分の心の支えとなっています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました★

 

自分らしくある

こんにちは!コネクターのまいです。

皆さんは、いつ何時でも、自分らしくありますか?

私は、いつ何時でも自分らしくありたいと思っています。

前は、いつ何時、どの状態にあっても、自分らしくあることができなかったのですが、最近、自分らしくあるとは、こういうことなのかもしれないと思ったので、書き残しておきたいと思いました。

 

自分らしく、いられない

f:id:no0620620:20210906155411j:image

私は、昔から、自分のこと感情を抑えることが多く、自分の意見をあんまり言わない子でした。
(今は少し変わったけど…!)

自分のことをどう表現したらいいのか、自分の考えていることなどをどう伝えたらいいのか、わからなかったし、苦手だったから、聞かれたら答えるということが多かったのです。

でも、それだと相手に言いたいことなども伝わらないし、自分の意見を言わないと、自分の思っていた方向とは、違う方向に物事がいってしまい、「あれ?なんか違う…?」と思うことも結構ありました。

 

自分らしく、ありたい

f:id:no0620620:20210906155456j:image

自分の意見を言わないで、我慢することに不便を感じていたからなのか、「どうしたら、人とうまく付き合いながら、自分らしくいられるのか…」と漠然と思っていました。

そして、このことに気づくようになったのは、メンターと話すようになってからです。

だから、それまでは、なんとなく、生きづらかった。(よくわかっていなかったけれど。)

でも、自分の意見を言わないで、我慢するのは自分が病気になりそうになるし、結果から見てもよくない。

なので、私はメンターと話しながらとか、誰かのいい伝え方(言い方)を真似してみたりして、相手が不快に思わない伝え方(言い方)を練習するようになりました。

時々、間違った伝え方(言い方)になってしまうときもありますが、前よりは、相手のことも考えながら、自分の意見も伝えられるようになってきていると思います。(笑)

 

自分らしくあるとは…?

f:id:no0620620:20210906155538j:image

自分らしくあるとは、自然体でいられることであり、柔軟に対応できる人のことだと、わたしは考えています。

これは、自分の考えなどをうまく伝えられて、なおかつ、人との付き合いが上手な人を見てて思ったことです。

この人たちは、自分の考えを持ちつつも、他人と調和ができて、だからといって、自分を抑えるわけでもなく、意見したいことは意見するし、言わなくてもいいことは言わないという、人に対しての配慮も忘れない人たちでした。(わたしから見た感じです。こういう人になっていきたいとつくづく思います。)

 

そして、自分らしくあるために

f:id:no0620620:20210906155441j:image

「自分が自分らしくある」というのは、試行錯誤しなくてはならないことだと、わたしは考えています。

なので、これからは、自分を取り戻す場所や時間があるということが、とても大事になってくるのかなと思っています。

私は、メンターについてもらうことによって、自分が自分を取り戻せる場所があり、そういうところがあることで、自分の心の支えとなっています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 

間違ってもいい

こんにちは!コネクターのまいです。

これだけは書いておきたい、私が考える、「これから必要になるであろうこと」第二回目です!

 

失敗したくない気持ちが強すぎる

f:id:no0620620:20210815151954j:image

何年か前の自分は、失敗することがとても嫌でした。
(いま、思えば、全て自分の思う理想通りにことを進めたかっただけだったのかもしれないけど…笑)
なんでも、完璧にこなしたいと思う反面、「これをやったら、失敗するのでは?」「これを買ったら、お金はどうなるの?」とか挑戦する前から、まだ、来てもない未来を心配しすぎて、行動に移せないことが多かったのです。

 

何をもって失敗というのか?

f:id:no0620620:20210815152043j:image

失敗ってそもそも、なんなのか?

 

自分は、物事が起こってからの自分の心の持ち方だと思ってます。(いろんな偉人とかが言っているけど…。)

成功した!失敗した…。という思うのは、後付けの話しであって、挑戦してみると、意外と杞憂に終わることも多い。

だから、挑戦してみて、「失敗した…かも?」と思ったら、自分にとって必要な学びだったと思って、もう二度と同じことは繰り返さないようにしようと心掛けるようにすると、一つ賢くなる気がします(笑)。(同じこと繰り返してしまう時もあるけど…笑)

 

現状維持はない

f:id:no0620620:20210815152057j:image

挑戦してみたいことを行動に起こしても、行動に起こさなかったとしても、なにかしらの変化は必ずあると思います。

今、行動を起こさなかったとしても、未来は現状維持のままとは言い難いし、行動を起こしたら起こしたで、それだけの変化があるから、それだけ、未来をワクワクしながら待ってられるかもしれない。

だから、今、自分が挑戦したいことがあるなら、やってみるのが、あとで後悔しない方法だと自分は思ってます。

 

やってみなければわからないことも多い

f:id:no0620620:20210815152107j:image

最初にも書いたけど、自分は本当に失敗することが嫌だったし、怖かったです。

でも、挑戦してみないとわからないことも多い…!

自分が挑戦してみたいことを、勇気を振り絞って、一回、挑戦してみると、「こんなものなのか」と自分が想像してたよりも、怖くないことに気がつく。

そして、弾みがついて、新しいことに挑戦しようと思えるようになる。(簡単なことから挑戦してみるのもいいと思う。)

自分の中での結論:失敗することは、間違いではなく、大きな成功を掴むための道だ…!  

 

Ⓜ︎間違ったら、また、やり直せばいいと思うようになってからは、失敗することに対して、前より怖いとは思わなくなりました。
※Ⓜ︎・・・マイの感想


〜おわり〜

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

間違ってもいい

こんにちは!コネクターのまいです。

これだけは書いておきたい、私が考える、「これから必要になるであろうこと」第二回目です!

 

失敗したくない気持ちが強すぎる

f:id:no0620620:20210815151541j:image

何年か前の自分は、失敗することがとても嫌でした。
(いま、思えば、全て自分の思う理想通りにことを進めたかっただけだったのかもしれないけど…笑)
なんでも、完璧にこなしたいと思う反面、「これをやったら、失敗するのでは?」「これを買ったら、お金はどうなるの?」とか挑戦する前から、まだ、来てもない未来を心配しすぎて、行動に移せないことが多かったのです。

 

何をもって失敗というのか?

f:id:no0620620:20210815151555j:image

失敗ってそもそも、なんなのか?

 

自分は、物事が起こってからの自分の心の持ち方だと思ってます。(いろんな偉人とかが言っているけど…。)

成功した!失敗した…。という思うのは、後付けの話しであって、挑戦してみると、意外と杞憂に終わることも多い。

だから、挑戦してみて、「失敗した…かも?」と思ったら、自分にとって必要な学びだったと思って、もう二度と同じことは繰り返さないようにしようと心掛けるようにすると、一つ賢くなる気がします(笑)。(同じこと繰り返してしまう時もあるけど…笑)

 

現状維持はない

f:id:no0620620:20210815151621j:image

挑戦してみたいことを行動に起こしても、行動に起こさなかったとしても、なにかしらの変化は必ずあると思います。

今、行動を起こさなかったとしても、未来は現状維持のままとは言い難いし、行動を起こしたら起こしたで、それだけの変化があるから、それだけ、未来をワクワクしながら待ってられるかもしれない。

だから、今、自分が挑戦したいことがあるなら、やってみるのが、あとで後悔しない方法だと自分は思ってます。

 

やってみなければわからないことも多い

f:id:no0620620:20210815151632j:image

最初にも書いたけど、自分は本当に失敗することが嫌だったし、怖かったです。

でも、挑戦してみないとわからないことも多い…!

自分が挑戦してみたいことを、勇気を振り絞って、一回、挑戦してみると、「こんなものなのか」と自分が想像してたよりも、怖くないことに気がつく。

そして、弾みがついて、新しいことに挑戦しようと思えるようになる。(簡単なことから挑戦してみるのもいいと思う。)

自分の中での結論:失敗することは、間違いではなく、大きな成功を掴むための道だ…!

Ⓜ︎間違ったら、また、やり直せばいいと思うようになってからは、失敗することに対して、前より怖いとは思わなくなりました。
※Ⓜ︎・・・マイの感想


〜おわり〜

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!